Laravel5で送信するメールは初期設定でUTF-8なので、メーラーによっては日本語の文字化けが起こります。

Laravel5は多くの人が登録するECサイトやポータルサイトで使用するフレームワークですので、日本向けのサイトであればエンコーディングはISO-2022-JPに変更しておきたいところです。

通常使用するメールライブラリ「SwiftMailer」の設定を変えてやりましょう。

 

        \Swift::init(function(){
           \Swift_DependencyContainer::getInstance()
               ->register('mime.qpheaderencoder')
               ->asAliasOf('mime.base64headerencoder');
        });

        \Swift_Preferences::getInstance()->setCharset('ISO-2022-JP');

 

あとはMail::sendやMail::queueするときにもsetCharsetしてやれば、文字化けしないメールを送信できます。


EC-CUBE4系プラグイン