カスタムタクソノミーの一覧ページ(アーカイブ)かどうかを判定できる関数をいつも忘れてしまいます。

is_tax($taxonomy = ”, $term=”)

正解はis_taxです(笑)

第1引数にタクソノミー名、第2引数にターム名を取って柔軟に判定使用することができます。

例えば、genreという名前のtaxonomyがあったとして、is_tax(‘genre’)で何かしらのジャンルの一覧ページかどうかを判定できます。

さらに細かく、bookというジャンルの一覧ページかどうかを判定するには、is_tax(‘genre’, ‘book’)というように記載します。

WordPressカスタマイズトップへ

カスタマイズに関するお問い合わせはこちら