WordPressではカテゴリやアーカイブページの表示数は管理画面の表示設定で一元管理しています。

これって少し不便に感じることがありますよね?

カテゴリやタグ、月別ページはまだ同じで良いかもしれませんが、カスタム投稿タイプによって表示数を変えたいということはよくあると思います。

今回はpre_get_postsアクションフックでカスタム投稿タイプアーカイブページの表示数を変える方法をご紹介いたします。

 

ポイントは$query->is_main_queryでメインループのみに限定している点と、is_post_type_archive関数でカスタム投稿タイプの一覧ページのみに制限している点です。

これで他のページには影響を及ぼさずに記事の表示数を変更することが可能です。

ぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

phpMyAdminやSQLクエリでパスワードを変更する方法... 管理しているWordPressのパスワードとメールアドレスを忘れてしまった! 開発環境などでもよくありますが、この場合のリカバリー方法は直接データベース上のパスワードを変更してしまうことです。 データベース上のパスワードはハッシュ値で保存されていますので工夫が必要です。 MySQL...
Advanced Custom FieldのGoogle MapへAPI Keyを設定する方法... 地図を使用したポータルサイトだとACFプラグインでGoogleMapを使用することがよくあります。 テーマのfunctions.phpへフィルターを追加することで実現可能です。 これでAPI Keyを使用してマップを表示してくれるようになります。 WordPressで地...
the_posts_paginationのHTMLタグ構造を変更する方法... ワードプレスで投稿のページネーションを出力するにはthe_posts_paginationといった関数を使用します。 自動でページのリンクや「前へ」「次へ」を出力してくれる非常に便利な関数です。 しかし、screen-reader-textと言われる"投稿ナビゲーション"というテキストを出力...
Excerptの文字数を変更する方法 Excerptの文字数を変更にはexcerpt_lengthフィルタを使用します。 functions.phpに追記   カテゴリページのみ変えるなど、簡単に応用が利きます。   もちろん、特定のカスタム投稿タイプのみ変えるということも可能です。 ...