tinymceを読み込み

CDNから読み込む方が説明が簡単なので利用していますが、もちろんdownloadしてサーバーに設置しても問題ありません。

対象ファイル:src/Eccube/Resource/template/admin/Product/product.twig

{% block javascript %}〜{% endblock javascript %}の間に下記を記載してください。

<script src="https://cdn.tiny.cloud/1/no-api-key/tinymce/5/tinymce.min.js" referrerpolicy="origin"></script>

tinymceを実行

{% block javascript %}〜{% endblock javascript %}の間に下記を記載してください。

<script>
tinymce.init({
selector: '#{{ form.description_detail.vars.id }}'
});
</script>

tinymce

APIキーのアラートを消す

“A valid API key is required, starting 2024, to continue using TinyMCE. Please alert your admin to check the current API key.”

APIを取得しろというメッセージが出る場合は、TinyCloudで無料登録してAPIkキーを取得しましょう。

上のscriptタグのURLで、”no-api-key” の部分を取得したAPIキーに置き換えるとアラートを消すことができます。

さらにドメインが許可されていないというアラートが出ることがありますが、アラートをクリックしてtiny mceの管理画面で許可ドメインを追加しましょう。

tinymce

画像をアップロードするには?

画像をアップロードするには、tiny mceのimages_upload_handlerを使用しますが、送られてきた画像データを保存するためのphpプログラム(Controller)も用意する必要があります。

説明が難しくなるので今回は省略させていただきます。

ECCUBE制作トップへ

EC-CUBEカスタマイズに関するお問い合わせはこちら

    脆弱性修正