LogicException in StreamedResponse.php line 124: The content cannot be set on a StreamedResponse instance.が発生しましたので共有いたします。

StreamedResponseにはcontentを設定できません!\Symfony\Component\HttpFoundation\StreamedResponseとはCSVダウンロードなどファイルのダウンロードの際に使用されるResponseの一種です。

StreamedResponse

通常のページでは\Symfony\Component\HttpFoundation\Responseという汎用レスポンスクラスが使用されています。

StreamedResponseの場合は、レスポンスの内容はバッファにたまっていきますので、直接$response->setContent($hoge)というようなことはできません。

EC_CUBEの場合、これが良く起こるのは間違いなくプラグインからの干渉です。プラグインではページへの表示内容を変更するために頻繁にresponse->setContentしますがStreamedResponseかどうかチェックしてからsetContentする必要がある場合も存在するということですね!

関連するカスタマイズ

Doctorineで設定できるフィールドタイプ... EC-CUBE3が採用しているSymfonyの標準ORM、Doctorineで設定できるフィールドタイプをまとめました。 EC-CUBE3で開発するならこれはもう覚えちゃっても良いかもしれませんね。 dcm.ymlやマイグレーションで頻繁に使いますからね。 stringやintegerのよ...
Twig内で文字列の一部分を切り出す方法 Slice使用... twigテンプレート内で文字列の一部を切り出したい時があります。 そんな時はsliceフィルタを使用してtwig内だけで切り出しを実行することが可能です。 2文字目以降を切り出す(1文字目を削除) sliceフィルタの第1引数は開始位置です。 sliceフィルタにはシンタックスシ...
基本税率を切り捨て、切り上げ、四捨五入に変更... 開発メンバー全員のルールを揃えておくことが重要です。 dtb_tax_ruleテーブルのcalc_ruleの設定値は次の表の通りです。 calc_rule 方式 1 四捨五入 2 切り捨て 3 切り上げ これをマイグレーションで...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....