EC-CUBE3が採用しているSymfonyの標準ORM、Doctorineで設定できるフィールドタイプをまとめました。
EC-CUBE3で開発するならこれはもう覚えちゃっても良いかもしれませんね。
dcm.ymlやマイグレーションで頻繁に使いますからね。

stringやintegerのような基本的なタイプから、勝手にSerializeされるobject、ユニークなIDを生成するGUIDなど、渋いラインナップとなっています。

    const TARRAY = 'array';
    const SIMPLE_ARRAY = 'simple_array';
    const JSON_ARRAY = 'json_array';
    const BIGINT = 'bigint';
    const BOOLEAN = 'boolean';
    const DATETIME = 'datetime';
    const DATETIMETZ = 'datetimetz';
    const DATE = 'date';
    const TIME = 'time';
    const DECIMAL = 'decimal';
    const INTEGER = 'integer';
    const OBJECT = 'object';
    const SMALLINT = 'smallint';
    const STRING = 'string';
    const TEXT = 'text';
    const BINARY = 'binary';
    const BLOB = 'blob';
    const FLOAT = 'float';
    const GUID = 'guid';

マイグレーションファイルを生成して次のようなコードで使います。
マイグレーション生成

php app/console migrations:generate

マイグレーションコード

$table->addColumn('column_name', 'string')->setLength(200)->setNotnull(false);