※この記事はEC-CUBE4.0.1時点のものとなります。
EC-CUBEやCMSに強いレンタルサーバーの代表格としてあげられるのがエックスサーバーです。
2019年1月現在ではまだEC-CUBE4の簡単インストールは用意されておらず、オーナーズストアからソースをダウンロードしてインストールする必要があります。

EC-CUBE4のインストール方法はファイルをアップロードしてページにアクセスし手順通り進めるだけと非常に簡単ですが、1つ注意点があります。

それはEC-CUBE4の.htaccessに記載された次のコード。

Internal Server error

エックスサーバーの.htaccessではphp_valueが使えないので、Internal Server Errorになってしまいます。
上記のコードをコメントアウトすると正常にインストール画面を表示することができます。upload_max_filesizeの設定は必要に応じてレンタルサーバーのコントロールパネルから行いましょう。

この現象はphp_valueが使用できないレンタルサーバーでは同様に発生すると思います。
エックスサーバーでEC-CUBE4をインストールする際は念のためご注意ください。

関連するカスタマイズ

注文や会員登録時のメールが送れない時の対応方法... EC-CUBE4ではメールの設定はルートディレクトリに設置されている.envに記載されています。 この設定値によってメールの送信方法を変えることが可能です。 .envには様々な設定がありますがメールの送信に関する設定はMAILER_URLです。 この設定でSwiftMailerが使...
関連するデータがあるため商品を削除できない場合... 商品の削除を実行しようとした場合、4系では論理削除ではなく物理削除を行います。 そのため外部キーに該当するレコードが存在すれば削除できずエラーとなります。 外部キー制約から削除できなかった場合、関連するデータがあるため「彩のジェラートCUBE」を削除できませんでしたというメッセージが...
マイグレーションファイル内でエンティティを使用する方法... EC-CUBE3(Silex)ではApplication::getInstance()により$appオブジェクトを取得し、そこから$appとしてエンティティマネージャを呼び出していました。 それではEC-CUBE4(Symfony3)ではどのようにエンティティやレポジトリをマイグレーションで使用す...
マイグレーションの作成・実行方法 EC-CUBE4ではマイグレーションに関する考え方がEC-CUBE3から変更されています。 カラムの追加などはマイグレーションを使用せずに同期するようなっています。 ただ設定項目の変更やデータの変更は引き続きマイグレーションで行うべきと考えていますので、マイグレーションの作成・実行方法をご紹介し...