メーカープラグインを導入した場合、メーカー名で商品を絞り込みたくなることがあると思います。
この検索を実現するにはプラグインのテーブルを商品のテーブルにjoinします。


メーカープラグインはProductMakerとMakerというエンティティクラスを保有しており、これらのクラスを使用して商品を絞り込むにはQueryBuilderを用いて次のように書きます。

※プラグインのフックポイントを用いるか、ProductRepositoryのgetQueryBuilderBySearchData()というメソッドに直接記載してください。

$naker_nameという変数にメーカー名が入っていますので、これをフォームから取得するなどすれば、ユーザーがほしいメーカーの商品を自分で検索できるようになります。
ユーザーの利便性を高めるには必須のカスタマイズかと思います。

プラグインがインストールされているかどうかのチェックを行う必要がある場合は、こちらの記事も参考にしてください。
プラグインがインストールされているかどうか確認する方法

関連するカスタマイズ

Invalid parameter number: number of bound variable...   クエリビルダを使用して開発していると頻繁に出くわす例外エラーがQueryExceptionです。 その中でも有名なInvalid parameter numberについてご紹介致します。 この例外はクエリビルダにバインドした変数の数と、渡したパラメーターの数が異なると...
商品マスターの並び替え・並び順変更方法 (登録日・価格)... 今回はEC-CUBE3の管理画面内にある商品マスターの並び順をカスタマイズしてみます。 商品マスターは登録されている商品の一覧を表示・絞り込みするための機能です。 商品マスターの並び順はレポジトリクラス(Eccube/Repository/ProductRepository.php)のメ...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...