テスト環境等でベーシック認証をサイト全体にかけると、ログイン画面でベーシック認証が解除される場合があります。

これはログインページのステータスコードが401 (Unauthorized)であるために、ブラウザがベーシック認証を解除してしまう現象です。

EC-CUBE3ではログイン画面のステータスコードを変えてやることでベーシック認証との競合を避けることが可能です。

ただしログイン画面のステータスコードを変更するにはSymfony独自の方法を取る必要がありますので、お急ぎの方はぜひご相談ください。

関連するカスタマイズ

Your proxy directory “/var/www/src/Eccube/..... SSHからマイグレーションなどapp/consoleのコマンドを実行しようとした際に、ドクトリンのキャッシュファイルを書き込めないために発生するエラーです。 通常app/cache/doctrine/proxiesは所有者もグループもapacheとなるため、コマンドラインから他のユーザ...
注文や会員登録時のメールが送れない時の対応方法... EC-CUBE4ではメールの設定はルートディレクトリに設置されている.envに記載されています。 この設定値によってメールの送信方法を変えることが可能です。 .envには様々な設定がありますがメールの送信に関する設定はMAILER_URLです。 この設定でSwiftMailerが使...
関連するデータがあるため商品を削除できない場合... 商品の削除を実行しようとした場合、4系では論理削除ではなく物理削除を行います。 そのため外部キーに該当するレコードが存在すれば削除できずエラーとなります。 外部キー制約から削除できなかった場合、関連するデータがあるため「彩のジェラートCUBE」を削除できませんでしたというメッセージが...
エックスサーバーインストール時のInternal Server Error... ※この記事はEC-CUBE4.0.1時点のものとなります。 EC-CUBEやCMSに強いレンタルサーバーの代表格としてあげられるのがエックスサーバーです。 2019年1月現在ではまだEC-CUBE4の簡単インストールは用意されておらず、オーナーズストアからソースをダウンロードしてインストールする...