弊社ではショップ設定を変更する時は必ずマイグレーションファイルの実行により行います。
例えば初期状態では有効になっている仮会員を無効にしたり、自動ログイン機能をONにすることを前提にカスタマイズを行なっていく場合などです。

上記コマンドを実行することでマイグレーションファイルが作成されます。
upメソッドを次のように書き換えます。

php app/console migrations:migrateを実行するとショップ設定が変更されます。
これにより開発者全員でショップの設定を共有することができます。

また、会社名などをマイグレーションで設定すると全員の設定作業を省くことができ便利です。

関連するカスタマイズ

マイグレーションによるテーブルへの項目追加... ECCUBE3でのマイグレーションファイルによるテーブルへの項目追加方法をご紹介します。 phpMyAdminやAdminerで追加してもかまいませんが、Migrationファイルを作成して実行すればGitで管理しメンバー間でデータベースの状態を共有可能であることや、再インストール時に自動で適...
Doctorineで設定できるフィールドタイプ... EC-CUBE3が採用しているSymfonyの標準ORM、Doctorineで設定できるフィールドタイプをまとめました。 EC-CUBE3で開発するならこれはもう覚えちゃっても良いかもしれませんね。 dcm.ymlやマイグレーションで頻繁に使いますからね。 stringやintegerのよ...
decimalタイプのオプション、precisionとscaleとは?... テーブルの定義ファイル(dcm.yml)を見てみると、price02やtaxなど金額関係のカラムにはdecimal型が使われていることが分かります。 ProductClass.dcm.ymlには下記のように記載があります。 他のカラムの定義には見かけないprecisionとsca...
1サイトから複数のデータベースに接続する方法... 複数のEntityManagerを利用し、複数のデータベースからデータを取得したり更新する方法はないのかというご質問をよくお受けします。 既存サイトとの連携やモールショップ化では頻繁に必要となってくる技術かと思います。 なかなか説明するのは難しいのですが、Doctrineの設定上でア...