弊社ではショップ設定を変更する時は必ずマイグレーションファイルの実行により行います。
例えば初期状態では有効になっている仮会員を無効にしたり、自動ログイン機能をONにすることを前提にカスタマイズを行なっていく場合などです。

上記コマンドを実行することでマイグレーションファイルが作成されます。
upメソッドを次のように書き換えます。

php app/console migrations:migrateを実行するとショップ設定が変更されます。
これにより開発者全員でショップの設定を共有することができます。

また、会社名などをマイグレーションで設定すると全員の設定作業を省くことができ便利です。

関連するカスタマイズ

マイグレーションによるテーブルへの項目追加... ECCUBE3でのマイグレーションファイルによるテーブルへの項目追加方法をご紹介します。 phpMyAdminやAdminerで追加してもかまいませんが、Migrationファイルを作成して実行すればGitで管理しメンバー間でデータベースの状態を共有可能であることや、再インストール時に自動で適...
Doctorineで設定できるフィールドタイプ... EC-CUBE3が採用しているSymfonyの標準ORM、Doctorineで設定できるフィールドタイプをまとめました。 EC-CUBE3で開発するならこれはもう覚えちゃっても良いかもしれませんね。 dcm.ymlやマイグレーションで頻繁に使いますからね。 stringやintegerのよ...
Your proxy directory “/var/www/src/Eccube/..... SSHからマイグレーションなどapp/consoleのコマンドを実行しようとした際に、ドクトリンのキャッシュファイルを書き込めないために発生するエラーです。 通常app/cache/doctrine/proxiesは所有者もグループもapacheとなるため、コマンドラインから他のユーザ...
基本税率を切り捨て、切り上げ、四捨五入に変更... 開発メンバー全員のルールを揃えておくことが重要です。 dtb_tax_ruleテーブルのcalc_ruleの設定値は次の表の通りです。 calc_rule 方式 1 四捨五入 2 切り捨て 3 切り上げ これをマイグレーションで...