EC-CUBE3系管理画面の会員マスターをカスタマイズしてみたいと思います。
今回は簡単にできる会員マスターの並び順変更方法をご紹介します。

デフォルトでは会員マスターの並び順はEccube/Repository/CustomerRepository.phpのメソッド、getQueryBuilderBySearchDataによって決まっています。
EC-CUBE3ではSQLを直接書くのではなく、クエリビルダ($qbというオブジエクト)に様々な条件を指定していきます。

CustomerRepositoryというのはEC-CUBEで会員情報に関するデータ取得やデータ更新を担うクラスです。

EC-CUBE3.0.14では、上記のように①更新日順で会員マスターの並び順を設定しています。

ただ、更新日で会員一覧を見たいときというのはそれほどないと思いますので、並び順を変更したい場合はこの部分のコードを一部変更してやれば並び替えができます。

並び替え方法

それでは、具体的に今までの購入総額や会員登録日での並び順に変更する方法です。
下記のように記述してください。

・購入総額が多い順で並び替えたい場合

・購入回数が多い順で並び替えたい場合

・最終購入日で並び替えたい場合

・登録日が古い順で並び替えたい場合

 

いかがでしょうか。これで会員マスターの並び順が変更されたと思います。
これだけで会員マスターのカスタマイズを行うことができますのでEC-CUBE3をご利用の方はぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

商品マスターの並び替え・並び順変更方法 (登録日・価格)... 今回はEC-CUBE3の管理画面内にある商品マスターの並び順をカスタマイズしてみます。 商品マスターは登録されている商品の一覧を表示・絞り込みするための機能です。 商品マスターの並び順はレポジトリクラス(Eccube/Repository/ProductRepository.php)のメ...
受注マスター並び替え・並び順変更方法 (注文日・金額等)... EC-CUBE3.0.xの受注マスターはまだまだ高機能とはいえません。 並び替えができないなどの問題がありますので、今回は受注マスターの並び順変更方法をお知らせします。 受注マスターの並び順はEccube/Repository/OrderRepository.phpのメソッド、getQu...
列数が異なっても商品CSVインポートを可能にする方法... 商品インポートのCSV形式は商品登録CSVファイルフォーマットにて規定されていますが、CSVから登録の必要がない項目を外したいと思っても削除できません。列数が合わないと警告が出て怒られてしまいます。 実際のお店ではEC-CUBE標準のフォーマットで対応できることはほとんどなく、独自のフォーマットで...
フォームエラーを確認する方法 EC-CUBEでの開発に避けては通れないフォームのカスタマイズ。バリデーションやエラー対策、みなさんどのようにデバッグしていますか? Symfonyのフォームは慣れると非常に高速な開発が可能です。今回は弊社のデバッグ方法を2つご紹介します。 Symfonyツールバーを利用する方法 ...