結論 : ShoppingServiceのgetFormDeliveryDates()を確認する。
config.ymlでdeliv_date_end_maxを設定すると表示される選択肢の日数を変更できる。

注文時に選択可能なお届け日を調整する方法をご紹介します。
この選択可能な日付のリストはShoppingServiceというサービスクラスのgetFormDeliveryDatesメソッドによって作られています。

コードを簡単に説明すると配送時に最大となる商品日数を取得し、そこにdeliv_date_end_maxで指定した日数分の配列を作成しています。(デフォルト21日)
選択できる日付を変更するには、このメソッドでreturnする配列を修正してやればOKです。

EC-CUBEをご利用の方はぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

お届け日を商品ごとではなく決まった日数表示する方法... EC-CUBEでは注文確認画面で選択できるお届け日は管理画面の商品マスタで商品ごとに指定するように設計されています。 ただしお届け可能日を注文から何日以内というように固定にしたい場合もあると思います。 お届け候補日の一覧を取得しているPHPコードはShoppingService::getF...
商品個別配送料を商品ごとに1回のみ計算する方法(数量無視)... EC-CUBE3では、商品個別送料の計算はShoppingServiceクラスが請け負っています。 getProductDeliveryFeeメソッドが担当ですので、ご自身のビジネスに合わせてカスタマイズしたい場合はこのメソッドをごにょごにょしてください。 商品個別送料を商品ごとに1回のみ計算し...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...