結論 : ShoppingServiceのgetFormDeliveryDates()を確認する。
config.ymlでdeliv_date_end_maxを設定すると表示される選択肢の日数を変更できる。

注文時に選択可能なお届け日を調整する方法をご紹介します。
この選択可能な日付のリストはShoppingServiceというサービスクラスのgetFormDeliveryDatesメソッドによって作られています。

コードを簡単に説明すると配送時に最大となる商品日数を取得し、そこにdeliv_date_end_maxで指定した日数分の配列を作成しています。(デフォルト21日)
選択できる日付を変更するには、このメソッドでreturnする配列を修正してやればOKです。

EC-CUBEをご利用の方はぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

商品個別配送料を商品ごとに1回のみ計算する方法(数量無視)... EC-CUBE3では、商品個別送料の計算はShoppingServiceクラスが請け負っています。 getProductDeliveryFeeメソッドが担当ですので、ご自身のビジネスに合わせてカスタマイズしたい場合はこのメソッドをごにょごにょしてください。 商品個別送料を商品ごとに1回のみ計算し...
Nginxでのリライトと高速化設定 NginxでEC-CUBE3系を動作させる場合の設定について、ご紹介します。 NginxではApacheと異なり標準で用意された.htaccessが動作しないため、nginx.confへリライト設定を記述する必要があります。 サーバー上のコマンドで設定ファイルを編集します。 sudo ...
GMO Paymentカード決済プラグインでエラー... 開発環境などにEC-CUBEペイメントプラグイン(GMO Paymentカード決済)を導入すると、決済やクレジットカード登録の際にCurlMulti.phpのServer aborted the SSL handshakeエラーが出ることがあります。 CurlException in Cu...
会員登録した日時を表示・取得する方法... サイトテンプレートや送信メール内で会員登録した日時を表示する場合の方法についてご紹介いたします。 会員に送信するメールやマイページ等で会員登録した日時を表示したい場合があると思います。 会員登録日時の取得・表示方法についてご紹介いたします。 PHPファイル内では次のように取得します...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。

カスタマイズやプラグイン開発お任せください