EC-CUBEでは注文確認画面で選択できるお届け日は管理画面の商品マスタで商品ごとに指定するように設計されています。
ただしお届け可能日を注文から何日以内というように固定にしたい場合もあると思います。

お届け候補日の一覧を取得しているPHPコードはShoppingService::getFormDeliveryDatesです。
このメソッドで商品にお届けまでの日数が指定されているかどうかをチェックしています。

このメソッドを次のように書き換えれば商品に依存せず、お届け日の固定表示が可能です。

表示する日数はconfig.ymlで「deliv_date_end_max: 10」というように指定することが可能です。
EC-CUBEでお届け可能日を変更したい方はぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

注文確認画面のお届け日を変更する方法... 結論 : ShoppingServiceのgetFormDeliveryDates()を確認する。 config.ymlでdeliv_date_end_maxを設定すると表示される選択肢の日数を変更できる。 注文時に選択可能なお届け日を調整する方法をご紹介します。 この選択可能な日付のリス...
商品個別配送料を商品ごとに1回のみ計算する方法(数量無視)... EC-CUBE3では、商品個別送料の計算はShoppingServiceクラスが請け負っています。 getProductDeliveryFeeメソッドが担当ですので、ご自身のビジネスに合わせてカスタマイズしたい場合はこのメソッドをごにょごにょしてください。 商品個別送料を商品ごとに1回のみ計算し...
Twig内で文字列の一部分を切り出す方法 Slice使用... twigテンプレート内で文字列の一部を切り出したい時があります。 そんな時はsliceフィルタを使用してtwig内だけで切り出しを実行することが可能です。 2文字目以降を切り出す(1文字目を削除) sliceフィルタの第1引数は開始位置です。 sliceフィルタにはシンタックスシ...
基本税率を切り捨て、切り上げ、四捨五入に変更... 開発メンバー全員のルールを揃えておくことが重要です。 dtb_tax_ruleテーブルのcalc_ruleの設定値は次の表の通りです。 calc_rule 方式 1 四捨五入 2 切り捨て 3 切り上げ これをマイグレーションで...