「入力されていません。」というメッセージはテキストフィールドでは良いのですが、セレクトボックスだと日本語としておかしいと思います。
そこで商品詳細ページの規格選択を例に、「入力されていません。」を「選択されていません。」に変更してみます。

入力されていません

「入力されていません。」というエラーはAssert\NotBlankという制約クラスに引っかかった時に表示されるメッセージで、フォームの値がfalseまたはemptyの場合(文字列’0’を除く)に該当します。

このメッセージを変更するにはNotBlankの生成時にmessageというプロパティを渡してやります。次のようなコードになります。

商品詳細ページの規格2つ目はこれでメッセージを変えることができるのですが、1つ目は未選択の場合に__unselectedという値が代入されているため、
Resource/locale/message.ja.ymlというファイルでform.type.select.notselectの設定値を変えてやる必要があります。

この2点を変更することで商品詳細ページの規格選択メッセージを変更することが可能です。

選択されていません

関連するカスタマイズ

新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...
ドクトリンで用いられるエンティティとレポジトリとは?... EC-CUBE3やEC-CUBE4で開発を行なっていると必ず耳にするのがドクトリンやエンティティ、レポジトリといったデータベース周りの用語です。 ECサイトはデータベースと密接に関係しているため、これらを用いずにEC-CUBEの開発を行うことは不可能です。 エンティティとレポジトリとは? ...
Composer is not installed. と表示される原因と解決方法... 新しくインストールしようとしてGitからソースを持ってきた時に画面上にComposer is not installed. だけ表示される場合がよくあります。 vendor配下のライブラリはgitignoreするのが一般的なので、git cloneしたソースに/vendor/ディレクトリが存在...