「入力されていません。」というメッセージはテキストフィールドでは良いのですが、セレクトボックスだと日本語としておかしいと思います。
そこで商品詳細ページの規格選択を例に、「入力されていません。」を「選択されていません。」に変更してみます。

入力されていません

「入力されていません。」というエラーはAssert\NotBlankという制約クラスに引っかかった時に表示されるメッセージで、フォームの値がfalseまたはemptyの場合(文字列’0’を除く)に該当します。

このメッセージを変更するにはNotBlankの生成時にmessageというプロパティを渡してやります。次のようなコードになります。

商品詳細ページの規格2つ目はこれでメッセージを変えることができるのですが、1つ目は未選択の場合に__unselectedという値が代入されているため、
Resource/locale/message.ja.ymlというファイルでform.type.select.notselectの設定値を変えてやる必要があります。

この2点を変更することで商品詳細ページの規格選択メッセージを変更することが可能です。

選択されていません

関連するカスタマイズ

Twig内で文字列の一部分を切り出す方法 Slice使用... twigテンプレート内で文字列の一部を切り出したい時があります。 そんな時はsliceフィルタを使用してtwig内だけで切り出しを実行することが可能です。 2文字目以降を切り出す(1文字目を削除) sliceフィルタの第1引数は開始位置です。 sliceフィルタにはシンタックスシ...
基本税率を切り捨て、切り上げ、四捨五入に変更... 開発メンバー全員のルールを揃えておくことが重要です。 dtb_tax_ruleテーブルのcalc_ruleの設定値は次の表の通りです。 calc_rule 方式 1 四捨五入 2 切り捨て 3 切り上げ これをマイグレーションで...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...