EC-CUBEのキャッシュクリアの方法は3系も4系も4つほど方法がありますのでご紹介します。

1. 管理画面から削除

管理画面>コンテンツ管理>キャッシュ管理にアクセスすると削除ボタンがあります。
この削除ボタン押下でキャ種削除できますが、ウェブサーバー権限で削除可能な範囲になります。

2. コマンドで削除

3系の場合

php app/console cache:clear

4系の場合:

php bin/console cache:clear --no-warmup

普段はウェブサーバー権限で実行してます

sudo -u apache php bin/console cache:clear --no-warmup

3. プログラムで削除

管理画面のショップ設定などで変更時のキャッシュ削除に使われていますが、CacheUtilというクラスを利用して削除可能です。

// キャッシュの削除
$cacheUtil->clearTwigCache();
$cacheUtil->clearDoctrineCache();

4. cacheディレクトリ を削除

どうにもならない場合は、cacheディレクトリ をFTPなどで消してしまいましょう。

3系の場合: app/cache/*

4系の場合: var/cache/*

ECCUBE制作トップへ

EC-CUBEカスタマイズに関するお問い合わせはこちら

    脆弱性修正