NginxでEC-CUBE3系を動作させる場合の設定について、ご紹介します。
NginxではApacheと異なり標準で用意された.htaccessが動作しないため、nginx.confへリライト設定を記述する必要があります。

サーバー上のコマンドで設定ファイルを編集します。
sudo vim /etc/nginx/nginx.conf

serverブロックの中でlocation設定を行います。
(PHP-FPMがインストール済前提です)

基本ルールとしては存在しないファイルにアクセスがあった場合はindex.phpへリライトします。
ただし、インストール画面だけは別途install.phpへリライトします。

 
パフォーマンス向上のため、gzipを有効にして高速化の設定もしておきましょう。

 

最後はNginxを再起動して完了です。
sudo service nginx restart

弊社ではEC-CUBEデモサイトをNginxで動作させています。
非常に高速となりますので、ぜひ一度お試しください。

関連するカスタマイズ

style.cssに#contents min-height: 100vh;は必要か?... default/css/style.cssに #contents { min-height: 100vh;}という最低の高さ指定があります。 デフォルトテーマでこれを全ページに適用させている理由としては、新規ページ等でコンテンツが少ない場合に、ある程度高さがないと見た目が悪いということだと思...
Bootstrap3のクラスform-controlを取り除く方法(form_widget)... EC-CUBE3.0系ではSymfonyComponentの1つであるFormにより、Twig内では強力な関数form_widget、form_errorsが使用できます。 これらは作成したFormType(定義ファイル)に従って自動で初期データ入力やエラー処理をしてくれるというたいへん便利な...
Choiceタイプ(ラジオボタン)でNoneを消す方法... セレクトボックスやチェックボックス、ラジオボタンを簡単に生成することができるChoiceタイプは非常に強力なフォームタイプです。 ただ添付画像のようにラジオボタンを生成したときにNoneという選択肢が自動で表示されることがあります。 このNoneの消し方は意外と知られてい...
Invalid parameter number: number of bound variable...   クエリビルダを使用して開発していると頻繁に出くわす例外エラーがQueryExceptionです。 その中でも有名なInvalid parameter numberについてご紹介致します。 この例外はクエリビルダにバインドした変数の数と、渡したパラメーターの数が異なると...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。