NginxでEC-CUBE3系を動作させる場合の設定について、ご紹介します。
NginxではApacheと異なり標準で用意された.htaccessが動作しないため、nginx.confへリライト設定を記述する必要があります。

サーバー上のコマンドで設定ファイルを編集します。
sudo vim /etc/nginx/nginx.conf

serverブロックの中でlocation設定を行います。
(PHP-FPMがインストール済前提です)

基本ルールとしては存在しないファイルにアクセスがあった場合はindex.phpへリライトします。
ただし、インストール画面だけは別途install.phpへリライトします。

 
パフォーマンス向上のため、gzipを有効にして高速化の設定もしておきましょう。

 

最後はNginxを再起動して完了です。
sudo service nginx restart

弊社ではEC-CUBEデモサイトをNginxで動作させています。
非常に高速となりますので、ぜひ一度お試しください。

関連するカスタマイズ

新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...
ドクトリンで用いられるエンティティとレポジトリとは?... EC-CUBE3やEC-CUBE4で開発を行なっていると必ず耳にするのがドクトリンやエンティティ、レポジトリといったデータベース周りの用語です。 ECサイトはデータベースと密接に関係しているため、これらを用いずにEC-CUBEの開発を行うことは不可能です。 エンティティとレポジトリとは? ...
Composer is not installed. と表示される原因と解決方法... 新しくインストールしようとしてGitからソースを持ってきた時に画面上にComposer is not installed. だけ表示される場合がよくあります。 vendor配下のライブラリはgitignoreするのが一般的なので、git cloneしたソースに/vendor/ディレクトリが存在...