ブロックは管理画面から設置できる便利な機能ですが、管理画面からは#headerや#main_bottomなどいくつか決められた場所にしかブロックを設置できません。

ではブロックを任意の場所で呼び出し表示したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

ブロックを管理画面以外から設置する場合はページのテンプレートファイル(Twig)に直接ブロック呼び出しの記述を書くことで実現可能です。

静的ブロックの場合

(例)ギャラリー、ロゴ, etc

いつも同じコンテンツが表示される静的ブロックの場合はブロックのテンプレートファイルをincludeすることで表示されます。’Block/xxxxxxx.twig’の部分にテンプレート名を入力してください。

動的ブロックの場合

(例)カゴの中、カテゴリ, etc

動的ブロックの場合は対応するコントローラを呼び出し処理を行う必要があるため、上のようなコードで呼び出します。block_xxxxxxxの部分にはブロックのrouteを記述し、ブロックに対応するURLをリクエストすることで返ってきたコンテンツを挿入します。サーバーでiframeを実行しているようなものとお考えください。

関連するカスタマイズ

Twigテンプレート内で数値をゼロ埋めする方法... IDや金額、年月日といった数値をゼロ埋めして表示したいという場面に出会うことがあります。 phpでいうsprintf('%07d', 1)というような記述をTwigテンプレートの変数に対して行いたい時はどう書けばいいのでしょうか? EC-CUBEでは画面上に数字を頻繁に表示します...
動的ブロックの作成方法 動的ブロックとは何か? 動的ブロックとはユーザー、時間帯、表示するページなどによって内容を変えることができるブロックです。EC-CUBE3の場合は独立したURIを持った1つの「ページ」だと考えれば本質に近いと思います。 Twigには別のページをテンプレート内に読み込む仕組みがあり、それを応用...
オリジナルの404、403エラーページを表示する方法... EC-CUBE3では.htaccessにて実際にファイルが存在しない場合全てindex.phpへリライトを行っているため、基本的に404エラーが発生しません。 しかし想定していないURLへのアクセスには404 Not Foundを出したいということで、エラーハンドリングはApplication...
お届け可能日設定がない商品注文時にセレクトボックスを表示しない方法... お届け可能日の指定ができないのに選択ボックス表示されるのがいやだったので、いつもカスタマイズしております。 Twigテンプレートに2行書き足すだけでカスタマイズできますので、EC-CUBE3をご利用の方はぜひお試しください。 Shopping/index.twigで上のようになっているのを下...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。

カスタマイズやプラグイン開発お任せください