弊社ではEC-CUBEインテグレートパートナーとして交代制でEC-CUBEフォーラムに投稿される質問に回答をさせていただいております。
そこでの投稿で非常に多いのは、「500 internal server errorになるのですが原因は何でしょうか?」や「画面が真っ白になって何も表示されません、どうすれば良いですか」というような質問です。

正直なところこれだけの情報では原因は何も分かりません。

EC-CUBEはエラー内容を画面に表示しないように設定されているためです。エラーの内容がわかるとセキュリティ上まずいことが多いのでこれはウェブシステム業界では当然の対応になります。
(たまにEC-CUBEに限らずPHPエラーが画面上に表示されてしまっているサイトを見かけますがサーバーの構成やデータベースの構造などがわかってしまうため非常に危険です。すぐにご修正ください)

ただしエラーが起きた時にその内容が分からないと開発面で非効率ですよね。
そのためEC-CUBEではエラーの内容が画面に表示されるデバッグモードを利用することが可能です。

デバッグモードの利用方法は こちらの記事で紹介していますのでご確認ください
デバッグモードにする方法 index_dev.php

関連するカスタマイズ

新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...
ドクトリンで用いられるエンティティとレポジトリとは?... EC-CUBE3やEC-CUBE4で開発を行なっていると必ず耳にするのがドクトリンやエンティティ、レポジトリといったデータベース周りの用語です。 ECサイトはデータベースと密接に関係しているため、これらを用いずにEC-CUBEの開発を行うことは不可能です。 エンティティとレポジトリとは? ...
Composer is not installed. と表示される原因と解決方法... 新しくインストールしようとしてGitからソースを持ってきた時に画面上にComposer is not installed. だけ表示される場合がよくあります。 vendor配下のライブラリはgitignoreするのが一般的なので、git cloneしたソースに/vendor/ディレクトリが存在...