EC-CUBE内のファイルの操作をFTP等で行っている時セッションに関するエラー(Warning)が出る場合があります。

Warning: SessionHandler::read(): Session data file is not created by your uidについてご紹介致します。

このエラーはセッションファイルの所有者が変わってしまったために起こる警告です。セッションファイルなんてさわっていないと思うはずなのですが、EC-CUBEでは実はセッション維持のためのファイルをapp/cache/eccube/sessionというディレクトリに保存しています。

なのでappディレクトリの所有者を再帰的に変更するとこのWarningが発生します。解消方法として、開発環境であれば中のファイルを全て削除してしまって問題ないでしょう。

cacheディレクトリにセッションファイルを保管るのは若干違和感があるという方は、保管場所として別の場所を指定しておいたほうが良いかもしれません。

あるいはWordPressがそうであるように、MySQLなどデータベースに保管することも当然検討すべきかと思います。セッションファイルを消したりエラーになると全ユーザーのカートの情報や注文しようとしている内容が全て消えてしまうということも起こるのでご注意ください。

関連するカスタマイズ

style.cssに#contents min-height: 100vh;は必要か?... default/css/style.cssに #contents { min-height: 100vh;}という最低の高さ指定があります。 デフォルトテーマでこれを全ページに適用させている理由としては、新規ページ等でコンテンツが少ない場合に、ある程度高さがないと見た目が悪いということだと思...
Bootstrap3のクラスform-controlを取り除く方法(form_widget)... EC-CUBE3.0系ではSymfonyComponentの1つであるFormにより、Twig内では強力な関数form_widget、form_errorsが使用できます。 これらは作成したFormType(定義ファイル)に従って自動で初期データ入力やエラー処理をしてくれるというたいへん便利な...
Choiceタイプ(ラジオボタン)でNoneを消す方法... セレクトボックスやチェックボックス、ラジオボタンを簡単に生成することができるChoiceタイプは非常に強力なフォームタイプです。 ただ添付画像のようにラジオボタンを生成したときにNoneという選択肢が自動で表示されることがあります。 このNoneの消し方は意外と知られてい...
Invalid parameter number: number of bound variable...   クエリビルダを使用して開発していると頻繁に出くわす例外エラーがQueryExceptionです。 その中でも有名なInvalid parameter numberについてご紹介致します。 この例外はクエリビルダにバインドした変数の数と、渡したパラメーターの数が異なると...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。