ECサイトでは当然のことながら会員と非会員で動作を変えたいということがよくあります。
EC-CUBE3はSymfony2をベースにしていますので、ログインや権限の判別もSymfonyに従います。

コントローラやサービスクラスを見ると次のような書き方がよくされています。

このisGrantedがユーザーの権限を判定するメソッドです。
ROLE_USERは会員(顧客)としてログインしている場合に割り当てられる権限です。

PHPファイル以外にtwigテンプレート内でも同様に書くことができます。

あるいはEC-CUBE3なら関数形式でも書けます。

関連するカスタマイズ

お届け可能日設定がない商品注文時にセレクトボックスを表示しない方法... お届け可能日の指定ができないのに選択ボックス表示されるのがいやだったので、いつもカスタマイズしております。 Twigテンプレートに2行書き足すだけでカスタマイズできますので、EC-CUBE3をご利用の方はぜひお試しください。 Shopping/index.twigで上のようになっているのを下...
商品ナビゲーションに「最初へ」「最後へ」ボタンを追加... 今回ご紹介するのは、商品一覧のナビゲーションに「最初へ」「最後へ」ボタンリンクを追加するカスタマイズです。 商品数が多いECサイトではぜひ導入したいですよね。 こういう表示を目指します。 まず、商品リストのページテンプレートはProduct/list.twigです。 list...
商品マスターに在庫切れを表示するカスタマイズ... 今回ご紹介するのはEC-CUBE3の商品マスターに在庫切れを表示するカスタマイズになります。 Product・ProductClassの関係とEntityの基本動作がわかっていればそう難しいことではありません。 コントローラを修正しなくても、Twig内で完結させることができます。 商品マス...
問い合わせフォームと確認画面に項目追加する方法... 基本事項 ECCUBE3ではフォームの生成に、Symphony2コンポーネントのFormFactoryを活用します。 FormFactoryは以下のようなコードで$appに収められていますのでいつでも取り出して使用できます。 Controller内ではFormFactoryのcreateB...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。