ECサイトでは当然のことながら会員と非会員で動作を変えたいということがよくあります。
EC-CUBE3はSymfony2をベースにしていますので、ログインや権限の判別もSymfonyに従います。

コントローラやサービスクラスを見ると次のような書き方がよくされています。

if ($app->isGranted('ROLE_USER')) {
   return $app->redirect(...);
}

このisGrantedがユーザーの権限を判定するメソッドです。
ROLE_USERは会員(顧客)としてログインしている場合に割り当てられる権限です。

PHPファイル以外にtwigテンプレート内でも同様に書くことができます。

{% if app.isGranted('ROLE_USER') %}

{% endif %}

あるいはEC-CUBE3なら関数形式でも書けます。

{% if is_granted('ROLE_USER') %}

{% endif %}