今回はEC-CUBE3でどのようにリファラーを取得するかというお話がメインです。

各ページのコントローラでは、リファラーを簡単に取得することができます。

コントローラーのアクションメソッドに次のような形で$request変数が渡されてきます。

 

この$requestはHTTPリクエストに関する多くの情報を含んでいます。

もちろんヘッダー情報も含むので下記のようにしてリファラを取り出してやります。

これでリファラーの値を使用してアクセス禁止にしたりリダイレクトで飛ばすことができますね。

リファラーは確実な物ではありませんが、簡易的なアクセス制御としては有用です。

EC-CUBE3系をご利用の方はぜひお試しください。(あまり機会はないと思いますが・・・)

 

関連するカスタマイズ

商品価格を税抜表示に変更する方法 商品一覧ページ・商品詳細ページの表示価格を税抜き価格・税別表記にするには、Product/detail.twigとProduct/list.twigに記載されている getPrice02IncTaxMin、getPrice02IncTaxMax、getPrice01IncTaxMin、getPri...
自動送信メールを複数の宛先に送る方法... EC-CUBE3ではメール送信はMailServiceというサービスクラスが担当しています。 メールの送信先は管理画面から変更できますが、複数の宛先へ送信したいなどの要望がある場合は、このMailServiceファイルを編集するかプラグインで処理を挟む必要があります。 実際の送信箇所のコ...
ロゴブロックに入っているh1タグを動的に変更する方法... EC-CUBE3.0の標準テンプレートでは、ロゴエリアはブロックとして配置されており、コントローラと紐付けられていないため、内容を動的に変更するのが若干手間となっています。 今回はh1タグをここに配置したまま商品名やカテゴリ名を動的に入れられるようにする方法をご紹介します。 考え方として...
管理者へ注文メール・問い合わせメールが届かない時の修正箇所... EC-CUBE3.0系では管理者へ注文メール・問い合わせメールが届かないという問い合わせがあります。 これはメール送信を担っているファイルである/src/Eccube/Service/MailService.php を修正することで解決できる可能性が高いです。 MailServiceファイ...