今回ご紹介するのは、EC-CUBE3の管理画面からページを新規作成した時に自動で付与されるuser_dataを変更する方法です。

設定ファイルを修正するだけで簡単にURLを変更することができます。

app/config/eccube/path.ymlを編集

いずれは管理画面から変更できるようになるかもしれませんが、現在のバージョン3.0.xではFTP等で設定ファイルを修正する必要があります。

user_data_routeに続く部分を変更するだけでURLが変わります。

便利ですね。user_dataがショップのお客様に対して見栄えの良いURLとは限りませんので

EC-CUBE3をご利用の方はぜひサイトにあったURLに変更してみてください。

 

関連するカスタマイズ

Catchable Fatal Error: Object of class DateTime co... EC-CUBE3のTwigテンプレートで{{ Order.order_date }}のように書き受注日時を表示しようとすると、Catchable Fatal Errorが出ることがあります。 Twig_Error_Runtime in Template.php line 182: An ex...
注文確認画面のお届け日を変更する方法... 結論 : ShoppingServiceのgetFormDeliveryDates()を確認する。 config.ymlでdeliv_date_end_maxを設定すると表示される選択肢の日数を変更できる。 注文時に選択可能なお届け日を調整する方法をご紹介します。 この選択可能な日付のリス...
Nginxでのリライトと高速化設定 NginxでEC-CUBE3系を動作させる場合の設定について、ご紹介します。 NginxではApacheと異なり標準で用意された.htaccessが動作しないため、nginx.confへリライト設定を記述する必要があります。 サーバー上のコマンドで設定ファイルを編集します。 sudo ...
GMO Paymentカード決済プラグインでエラー... 開発環境などにEC-CUBEペイメントプラグイン(GMO Paymentカード決済)を導入すると、決済やクレジットカード登録の際にCurlMulti.phpのServer aborted the SSL handshakeエラーが出ることがあります。 CurlException in Cu...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。

カスタマイズやプラグイン開発お任せください