今回ご紹介するのは、EC-CUBE3の管理画面からページを新規作成した時に自動で付与されるuser_dataを変更する方法です。

設定ファイルを修正するだけで簡単にURLを変更することができます。

app/config/eccube/path.ymlを編集

いずれは管理画面から変更できるようになるかもしれませんが、現在のバージョン3.0.xではFTP等で設定ファイルを修正する必要があります。

# routing
user_data_route: user_data

user_data_routeに続く部分を変更するだけでURLが変わります。例えばuser_data_route: pageに変更すると、http://xxx.com/page/url1というアドレスでアクセスできるようになります。

便利ですね。user_dataがショップの見栄えの良いURLとは限りませんので、EC-CUBE3をご利用の方はぜひサイトにあったURLに変更してみてください。

 


関連するカスタマイズ

Catchable Fatal Error: Object of class DateTime co... EC-CUBE3のTwigテンプレートで{{ Order.order_date }}のように書き受注日時を表示しようとすると、Catchable Fatal Errorが出ることがあります。 Twig_Error_Runtime in Template.php line 182: An ex...
Your proxy directory “/var/www/src/Eccube/..... SSHからマイグレーションなどapp/consoleのコマンドを実行しようとした際に、ドクトリンのキャッシュファイルを書き込めないために発生するエラーです。 通常app/cache/doctrine/proxiesは所有者もグループもapacheとなるため、コマンドラインから他のユーザ...
Twig内で文字列の一部分を切り出す方法 Slice使用... twigテンプレート内で文字列の一部を切り出したい時があります。 そんな時はsliceフィルタを使用してtwig内だけで切り出しを実行することが可能です。 2文字目以降を切り出す(1文字目を削除) sliceフィルタの第1引数は開始位置です。 ProductClass.code|sl...
メーカープラグインのメーカー一覧を取得する方法... メーカープラグインを使用される方が多いと思います。 メーカーの一覧を表示したい場合は次のようにメーカープラグインのレポジトリクラスでfindByすることで取得が可能です。 Controllerなどで使える実際のコード // メーカーのレポジトリを使用する $Makers = $app-&...