今回ご紹介するのは、EC-CUBE3の管理画面からページを新規作成した時に自動で付与されるuser_dataを変更する方法です。

設定ファイルを修正するだけで簡単にURLを変更することができます。

app/config/eccube/path.ymlを編集

いずれは管理画面から変更できるようになるかもしれませんが、現在のバージョン3.0.xではFTP等で設定ファイルを修正する必要があります。

user_data_routeに続く部分を変更するだけでURLが変わります。例えばuser_data_route: pageに変更すると、http://xxx.com/page/url1というアドレスでアクセスできるようになります。

便利ですね。user_dataがショップの見栄えの良いURLとは限りませんので、EC-CUBE3をご利用の方はぜひサイトにあったURLに変更してみてください。

 

関連するカスタマイズ

Catchable Fatal Error: Object of class DateTime co... EC-CUBE3のTwigテンプレートで{{ Order.order_date }}のように書き受注日時を表示しようとすると、Catchable Fatal Errorが出ることがあります。 Twig_Error_Runtime in Template.php line 182: An ex...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
商品一覧のページネーションに「最初へ」「最後へ」を表示する方法... 商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。 pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。 このリンクを表示するにはconfi...
ドクトリンで用いられるエンティティとレポジトリとは?... EC-CUBE3やEC-CUBE4で開発を行なっていると必ず耳にするのがドクトリンやエンティティ、レポジトリといったデータベース周りの用語です。 ECサイトはデータベースと密接に関係しているため、これらを用いずにEC-CUBEの開発を行うことは不可能です。 エンティティとレポジトリとは? ...