突然ですが、皆さんは開発の際にMigrationファイル作成していますでしょうか? DBをphpMyAdminなどで直接編集していますでしょうか?
弊社のオススメは要件上重要な設定の変更やデータの挿入はMigrationファイルで行うことです。その理由としてはショップ設定やブロック配置の統一です。

Migrationファイルを作っておくと関係者全員の環境で複数配送機能をONにしたり、 特定のページに特定のブロックの配置するなどの面倒な設定が自動で可能になります。新しいサーバーにテスト環境を作り直すときも自動で設定可能です。

そんな便利なマイグレーションですが、EC-CUBE3のソースを見てもaddSQLメソッドが多数使用されています。
例えば以下のような形です。

これにプレースホルダを当てると次のようになります。

EC-CUBEインストールでは当然外部からのデータを使用しませんのでインジェクションに備えてプレースホルダを使用する必要はありません。
ですが外部データと連携したいときなど、使用機会はあるかもしれませんので、第2引数でプレースホルダの値が渡せるということは知っておいて損はないと思います。
ぜひEC-CUBE3カスタマイズの際にはお試しください。

関連するカスタマイズ

商品種別の名称を変更する方法 EC-CUBEで良くわからないと言われる項目の1つに商品種別があります。 商品種別の価値は配送方法を分離するために存在するのですが、カートや複数配送のカスタマイズと絡むと非常に難しく、大抵のサイトでは商品種別は1つだけしか使用しないことが無難だと思います。 もし使用したい場合も「商品...
マイグレーションファイルの作成・実行方法... マイグレーション作成方法 ・コマンドで作成する php app/console migrations:generate ・phpファイルを手動で作成する 次のファイルを src/Eccube/Resource/doctrine/migration/Version2018041217181...
Your proxy directory “/var/www/src/Eccube/..... SSHからマイグレーションなどapp/consoleのコマンドを実行しようとした際に、ドクトリンのキャッシュファイルを書き込めないために発生するエラーです。 通常app/cache/doctrine/proxiesは所有者もグループもapacheとなるため、コマンドラインから他のユーザ...
マイグレーションファイル内でエンティティを使用する方法... EC-CUBE3(Silex)ではApplication::getInstance()により$appオブジェクトを取得し、そこから$appとしてエンティティマネージャを呼び出していました。 それではEC-CUBE4(Symfony3)ではどのようにエンティティやレポジトリをマイグレーションで使用す...