EC-CUBEで良くわからないと言われる項目の1つに商品種別があります。
商品種別の価値は配送方法を分離するために存在するのですが、カートや複数配送のカスタマイズと絡むと非常に難しく、大抵のサイトでは商品種別は1つだけしか使用しないことが無難だと思います。

もし使用したい場合も「商品種別A」と「商品種別B」では商品登録に困ると思いますので、まず確実に最初に変更するかと思います。

管理画面から変更


変更方法は管理画面のシステム情報設定、マスターデータ管理から変えることができます。
商品種別マスターデータ

マイグレーションで変更


マイグレーションファイルで実行すると複数メンバー間や異なるサーバー間で共有できるので便利です。
下記が商品種別を変更するマイグレーションの例となります。

<?php

namespace DoctrineMigrations;

use Doctrine\DBAL\Migrations\AbstractMigration;
use Doctrine\DBAL\Schema\Schema;

/**
 * Auto-generated Migration: Please modify to your needs!
 */
class Version20180728141145 extends AbstractMigration
{
    /**
     * @param Schema $schema
     */
    public function up(Schema $schema)
    {
        // this up() migration is auto-generated, please modify it to your needs
 
        $this->addSql("UPDATE mtb_product_type SET name = 'ダウンロード商品' WHERE id = 1;");
        $this->addSql("UPDATE mtb_product_type SET name = '販売商品' WHERE id = 2;");
    }

    /**
     * @param Schema $schema
     */
    public function down(Schema $schema)
    {
        // this down() migration is auto-generated, please modify it to your needs

    }
}

ぜひ参考にしてEC-CUBEの商品種別名を変更してみてください。