EC-CUBE3では 受注ステータスを自由に追加することができます。

基本的なものばかりですが「購入処理中」など案外わかりにくいステータスもあります。

デフォルトで設定される受注ステータスと役割の関係を、$app[‘config’]に設定される英語キー名と一緒に一覧化してみました。

ID ステータス名 ランク config 説明
1 新規受付 1 order_new 注文が入ってきて決済などが行われていない状態のステータスです。
2 入金待ち 2 order_pay_wait 管理者が注文を確認し、未入金の注文に対して割り当てるステータスです。
3 キャンセル 4 order_cancel 残念ながらキャンセルとなってしまった注文です。
4 取り寄せ中 5 order_back_order 取り寄せ中の注文に設定する注文です。
5 発送済み 6 order_deliv 発送が済んだ際に設定するステータスです。
6 入金済み 3 order_pre_end 入金を確認した際に設定するステータスです。
7 決済処理中 0 order_pending  クレジットカード決済などで処理を行っている間に設定されるステータスです。
8 購入処理中 7 order_processing  ショッピングサイトで購入手続きを行っている段階のステータスです。まだ注文が行われていない段階です。

 

現在のEC-CUBE3.0.14あたりではこのような関係になっていますが、変更があるかもしれませんのでその際はご確認ください。

なぜconfigのキー名を掲載したかというと、受注ステータスのIDをマスターデータ(mtb_order_status)で変更した際には$app[‘config’]の設定値も変更する必要があるからです。これはconfig.ymlへ「order_new: 100」というように書けば反映されます。

これを変更しないとプラグインの受注処理や集計がおかしくなる可能性が高いため、必ず行ってください。基本的にステータスの追加は良いのですが、変更・削除はなるべく行わないほうが良いです。削除しなくても非表示にすることは可能ですので、ぜひご相談ください。

また、これらのステータスを使用することで「注文情報の集計」や「受注ステータスの変更時に自動でメールを送信する」といったカスタマイズも可能ですので必要な方はぜひご相談ください。

関連するカスタマイズ

フォームエラーを確認する方法 EC-CUBEでの開発に避けては通れないフォームのカスタマイズ。バリデーションやエラー対策、みなさんどのようにデバッグしていますか? Symfonyのフォームは慣れると非常に高速な開発が可能です。今回は弊社のデバッグ方法を2つご紹介します。 Symfonyツールバーを利用する方法 ...
会員マスター並び替え・並び順変更方法 (登録日・購入金額等)... EC-CUBE3系管理画面の会員マスターをカスタマイズしてみたいと思います。 今回は簡単にできる会員マスターの並び順変更方法をご紹介します。 デフォルトでは会員マスターの並び順はEccube/Repository/CustomerRepository.phpのメソッド、getQueryB...
商品マスターの並び替え・並び順変更方法 (登録日・価格)... 今回はEC-CUBE3の管理画面内にある商品マスターの並び順をカスタマイズしてみます。 商品マスターは登録されている商品の一覧を表示・絞り込みするための機能です。 商品マスターの並び順はレポジトリクラス(Eccube/Repository/ProductRepository.php)のメ...
受注マスター並び替え・並び順変更方法 (注文日・金額等)... EC-CUBE3.0.xの受注マスターはまだまだ高機能とはいえません。 並び替えができないなどの問題がありますので、今回は受注マスターの並び順変更方法をお知らせします。 受注マスターの並び順はEccube/Repository/OrderRepository.phpのメソッド、getQu...

弊社はEC-CUBE公式インテグレートパートナーです。