EC-CUBE3では.htaccessにて実際にファイルが存在しない場合全てindex.phpへリライトを行っているため、基本的に404エラーが発生しません。

しかし想定していないURLへのアクセスには404 Not Foundを出したいということで、エラーハンドリングはApplication.phpで行っています。

このコードを修正するか、またはプラグインで上書きしてやることで挙動の変更が可能です。

src/Eccube/Application.php

既定ではerror.twigを使用します。このファイルに$code変数を渡してtwig内で切り分けても良いですし、エラーコードによってerror.404.twigなどを用意し別々にrenderしてやっても良いですね。

EC-CUBE3エラーページのカスタマイズは以外と簡単です。ぜひお試しください。

関連するカスタマイズ

ロゴブロックに入っているh1タグを動的に変更する方法... EC-CUBE3.0の標準テンプレートでは、ロゴエリアはブロックとして配置されており、コントローラと紐付けられていないため、内容を動的に変更するのが若干手間となっています。 今回はh1タグをここに配置したまま商品名やカテゴリ名を動的に入れられるようにする方法をご紹介します。 考え方として...
商品価格を税抜表示に変更する方法 商品一覧ページ・商品詳細ページの表示価格を税抜き価格・税別表記にするには、Product/detail.twigとProduct/list.twigに記載されている getPrice02IncTaxMin、getPrice02IncTaxMax、getPrice01IncTaxMin、getPri...
自動送信メールを複数の宛先に送る方法... EC-CUBE3ではメール送信はMailServiceというサービスクラスが担当しています。 メールの送信先は管理画面から変更できますが、複数の宛先へ送信したいなどの要望がある場合は、このMailServiceファイルを編集するかプラグインで処理を挟む必要があります。 実際の送信箇所のコ...
Bootstrap3のクラスform-controlを取り除く方法(form_widget)... EC-CUBE3.0系ではSymfonyComponentの1つであるFormにより、Twig内では強力な関数form_widget、form_errorsが使用できます。 これらは作成したFormType(定義ファイル)に従って自動で初期データ入力やエラー処理をしてくれるというたいへん便利な...