商品一覧ページのページネーションはProduct/list.twigを見るとpagination.twigをインクルードすることで表示されています。
pagination.twigをのぞいて見ると「最後へ」の部分は次のようなコードが書かれています。

このリンクを表示するにはconfig.ymlでpageinrangeの設定をtrueに変更してやってください
(標準ではfalseが指定されています)

するとページネーションが次のように「最初へ」「最後へ」のリンクと一緒に表示されます。

ページネーション 最初へ最後へ

関連するカスタマイズ

EC-CUBE3に設定されている受注ステータス一覧... EC-CUBE3では 受注ステータスを自由に追加することができます。 基本的なものばかりですが「購入処理中」など案外わかりにくいステータスもあります。 デフォルトで設定される受注ステータスと役割の関係を、$appに設定される英語キー名と一緒に一覧化してみました。 I...
パスワード再発行手続きの有効期限を変更する方法... EC-CUBE3ではパスワード再発行手続きの機能が最初から組み込まれています。 この有効期限はパスワード再発行メール送信後10分間となっており、やや短いような気がします。 そこで有効期限を伸ばすためのカスタマイズをご紹介いたします。 といいましても、app/config/e...
新しくテーブルを作ってエンティティと関連づける方法... 今回は非常に要望が多かった新しいテーブルを作ってエンティティとしてデータ取得をできるようにする方法をご紹介します。 この方法は3系のもので、まもなくリリースされるEC-CUBE4系では利用できませんのでご注意ください。 データベースの作成 ドクトリン定義ファイルの作成(dcm....
ドクトリンで用いられるエンティティとレポジトリとは?... EC-CUBE3やEC-CUBE4で開発を行なっていると必ず耳にするのがドクトリンやエンティティ、レポジトリといったデータベース周りの用語です。 ECサイトはデータベースと密接に関係しているため、これらを用いずにEC-CUBEの開発を行うことは不可能です。 エンティティとレポジトリとは? ...