Twigのdate関数は、日付を整形して表示するために使用されます。基本的な使い方は以下の通りです。

基本的な日付の表示

{{ date('now')|date('Y-m-d H:i:s') }}

現在の日付と時刻を「年-月-日 時:分:秒」の形式で表示します。

特定の日付を設定

{{ date('2024-01-01')|date('Y-m-d') }}

特定の日付(例: 2024年1月1日)を「年-月-日」の形式で表示します。

日付フォーマットの変更:

日付を表示する際に様々なフォーマットを指定できます。例えば、年/月/日の形式で表示するには以下のようにします。

{{ date('now')|date('Y-m-d') }}

これは現在の日付を「月/日/年」の形式で表示します。

日付の操作:

Twigではmodifyフィルターを使って日付を操作することができます。例えば、現在から1週間後の日付を表示するには以下のようにします。

{{ date('now')|date_modify('+1 week')|date('Y-m-d') }}

これは現在日から1週間後の日付を「年-月-日」の形式で表示します。

以上がTwigのdate関数の基本的な使い方ですが、多くのカスタマイズが可能です。EC-CUBEサイトでは日付が重要な要素なので是非使ってみてください。

なお、EC-CUBE4ではデータベースに保存される日付のTimeZoneがUTCなので注意してください。

ECCUBE制作トップへ

EC-CUBEカスタマイズに関するお問い合わせはこちら

    脆弱性修正