EC-CUBE4ではメールの設定はルートディレクトリに設置されている.envに記載されています。
この設定値によってメールの送信方法を変えることが可能です。

設定ファイルでMAILER_URLを確認してみる

.envには様々な設定がありますがメールの送信に関する設定はMAILER_URLです。
この設定でSwiftMailerが使用するサーバーを指定しますが、初期値では MAILER_URL=smtp://localhost となっていることがあります。

ただしこの設定ではレンタルサーバー等では動作しない可能性がありますのでEC-CUBE4を設置しても
会員登録や注文、問い合わせでタイムアウトまで非常に長い時間待機させられるが結局メールが送信されないという状況になります。

MAILER_URLを変更

そういった時はMAILER_URLの値を調整することをお勧めします。
例えばローカルのSendmailを使用したい時は MAILER_URL=sendmail://localhost と書くことでメールが送信可能です。
エックスサーバーではこの指定でメールが送信できることを確認しています。

他にもGmailを使用したい時は MAILER_URL=gmail://username:password@localhost?encryption=tls&auth_mode=oauth と記載するなど
様々なメールサーバーに対応しています。